HOME>トピックス>中古iphoneを購入する際に確認しておくべきポイント

中古iphoneを購入する際に確認しておくべきポイント

スマートホン

お得に手に入る

iphoneの新品は基本的に値段が張り、高いものだと10万円を軽く超します。しかし、中古iphoneであればそれよりも安く購入することができ、大変お得です。

男性

中古iphoneはSIMフリーでなくても使用可能

中古という事で、SIMフリーでないと利用できないのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。実は、キャリアで契約することも可能です。しかし、購入する中古iphoneがSIMロックをかけられている可能性もあります。SIMロックがかかっていると特定のキャリアでしか契約することができないので、SIMロックが外れているかの確認は必須です。

中古iphoneを購入するまでの流れ

スマホを持つ人

どこで購入するのか

中古iphoneを購入する際に一番重要なのは、どこで購入するかです。特定の場所で購入しなければならないという決まりはありませんが、信頼できるショップを選ぶようにしましょう。キャリアの方が接客を担当している中古スマホショップであれば、比較的安全にスマホを購入することができます。

実際に購入してみよう

中古iphoneを購入する場所が決まったら、さっそく購入してみましょう。希望するモデルを購入してください。購入は普通の買い物と特に変わりはありません。お金を支払って商品を受け取るだけです。

SIMの契約をしよう

この時点で中古iphoneの購入はできているはずですが、携帯電話として使用できる中古iphoneは購入できていません。なぜなら、SIMの契約が済んでいないからです。SIMの契約は自分の好きな会社で行いましょう。ただし、SIMロックがかかっていると特定のキャリアでしか契約できないので注意が必要です。

注意しなければならない点

中古iphoneを買う際に注意するべき点は、赤ロムというものです。赤ロムになっているiphoneは、不正な方法で契約されたものだったり、分割払いで契約されているもので支払いが完了されてないものだったりします。赤ロムのiphoneは急に使用できなくなる可能性が大きいです。購入して赤ロムだという事が判明したら、すぐに返品することをお勧めします。

値段が安いのには理由がある

中古iphoneの中でも、ほかのものと比べて特に値段の安いものがあります。しかし、それには必ず理由があります。ただ古いだけならば問題ありませんが、赤ロムだから安いという事はよくあります。さらに、SIMロックがかかっている端末も比較的値段が安く設定されやすいです。

自分に合ったものを選ぼう

やはり、中古iphoneといっても自分に合ったものが一番です。最新の機種でなくても、自分の使い勝手にぴったりのものがあれば迷わずそれを選択するべきなのではないでしょうか。

iphoneとタブレットの違い

電話番号を持てる

iphoneはタブレットとは違い、SIMの契約をすれば電話番号をもって電話をすることができます。タブレットは携帯電話ではないので、電話をすることはできません。しかし、最近ではアプリケーションを用いた通話が主流になってきているので、iphoneの電話ができるというメリットは薄れがちになっているかもしれません。とはいっても、電話番号がなければ本人確認が行えないといったケースもあるので、電話ができるメリットは全くないわけではありません。

持ち運びが便利

iphoneはタブレットよりも小さく作られています。iphoneのplusシリーズは通常のiphoneよりも大きめに設計されていますが、それでもタブレットよりは小さいです。そのため、iphoneのほうがタブレットよりも持ち運びやすいです。ポケットに入れて持ち運べるため、ストレスがかかりません。その点タブレットはポケットに入れることはできず、持ち運びには不便というのがデメリットです。また、iphoneは取り出しやすいため、時間を確認したりメールの確認をするなどのちょっとした作業のしやすさも大きなメリットです。タブレットは大きいスマートフォンという認識はあながち間違いではありませんが、メリットはそれぞれ違います。

自分に合った使い方をしよう

iphoneには様々な機能が搭載されていますが、それを最大限に生かすために自分に合った使い方をするようにしましょう。自分に合った使い方がまだ見つかっていないという方は、見つけられるようにiphoneをもっと活用してみてください。それができるようになるとiphoneがより便利に感じられるでしょう。